緑茶の効能

緑茶の効能は、いろいろ知られていて成分のカテキンには抗酸化作用や抗アレルギー作用、抗菌作用や抗がん作用、血圧上昇を抑える作用や抗肥満作用があるとの研究報告もされています。
スポンサードリンク

緑茶の効能や効果

抗酸化作用は老化防止につながり、ビタミンCやビタミンB2にビタミンEなども含まれるためアンチエイジング効果も期待できます。

口臭予防に効果的なフラボノイドやテアニンなどのリラックス効果でストレスない生活もアンチエイジング効果が期待できるでしょう。

緑茶の効能として虫歯予防が言われるのは、フッソが含まれれているからですね。

さらに緑茶の効能の抗肥満作用と言うのはメタボリック症候群解消への糸口となる可能性もあり、認知症への効能も期待されています。

この様に緑茶の効能は多岐にわたり免疫力のアップも期待できます。

スポンサードリンク

お茶で免疫力をアップ

お茶で免疫力をアップして、風邪や病気を予防しましょう。 昔から日本茶は、健康に良いとされてきました。

日本茶の代表的な成分であるカテキンは、糖尿病の予防にも良いと言いますがカテキンが免疫力をアップするためと言われています。

ポリフェノールの一種であるカテキンには、白血球の働きを活性化する働きがあり免疫力のアップにつながります。

このカテキンは日本茶に多く含まれ、毎日4杯から5杯に飲むのが良いとされています。 緑茶の効能を効果的に取り入れるには、玉露や抹茶のように茶葉の粉末が入ったものがおすすめです。

緑茶の効能は、このようにすばらしいものがあり風邪の予防にも効果的です。 風邪の初期から飲用すると豊富なビタミンCが早く治す手助けとなります。

緑茶の効能を生かして、健康な生活を送りましょう。

スポンサードリンク