美味しい日本茶

美味しい日本茶と言えば世界緑茶コンテストで最高金賞受賞をした日本茶でしょう。通販で購入できる世界緑茶コンテストで最高金賞受賞をした事のある、おいしい日本茶や入れ方のご紹介です。
スポンサードリンク

美味しい高級日本茶

春野の精は、霧深き山のお茶栗崎園の逸品です。 5時間を要する丁寧な手摘みの後に8時間かけて針のように揉みあげた茶葉は第57回全国茶品評会で1等2席(農林水産大臣賞)に入賞した人気の美味しいお茶です。

サスナカ牧野商会の熟成玉露は、炭火で香りを整えて低温倉庫で熟成した甘い香りが魅力の最高級品です。 第8回国際銘茶品評会「金賞」を受賞したことでも有名な日本茶です。

静岡朝比奈玉露は、お茶所静岡県内唯一の玉露の名産地の玉露で上品な芳香の茶葉といわれるサエミドリを使用しています。

モーツアルト茶は、名前のとおり木野製茶園がモーツアルトの曲を茶畑に流し、聞かせて育てた茶葉から作ったお茶です。モーツアルトの曲は人間と同様に動植物もリラックスさせると言うことから、のびのびと育ったお茶と言うことですね。

雲乃関は、ふくよかな味と香りの最高級の煎茶といえ山二園自慢の美味しいお茶です。 特殊ハウスで育てた茶葉を丁寧に手摘みした煎茶は薄い水色と濃い味わいが特徴です。

オーガニック玉露と言えば、いしかわ製茶の玉露がこだわり石哲茶として人気です。 有機栽培にこだわり、安心とさわやかな味わいが特徴です。

スポンサードリンク

美味しい日本茶の入れ方

美味しい日本茶の入れ方の前に用意するものと言えば茶葉と水に急須ですね。 美味しい煎茶をいれるなら茶葉は50g千円以上で水は硬度50〜80程度の軟水で美味しい水、急須は茶葉にあった物が必要です。

中の見えるガラス製の茶海と言う茶器があればベストですね。 煎茶に使用するお湯の温度は80〜90℃が良いとされ渋みを抑えて旨みを味わうことができます。

湯冷ましにお湯を入れた後に茶海に入れ茶碗に注ぎます。 茶碗が手に持ち握れる熱さになったら湯冷ましに茶碗の湯を戻し、一人分につきティースプーン一杯の茶葉を入れた急須にそっと注ぎます。

蓋をして1分から2分おいて茶海に入れますが、少し味見をして薄ければ戻して少し待ち、濃ければお湯を足して調節しましょう。

茶碗に少しずつ均等に注ぎます。 二煎目や三煎目は、お湯をすすいだ後、蓋をしないで葉が蒸されるのを防ぎます。

ちょっとひと手間で美味しいお茶の出来上がりです。

スポンサードリンク