血糖値を下げる

血糖値を下げるにはどのような方法があると思いますか。血糖値を下げるには、運動や食事制限がありますが、もっと簡単に食べ方やぐるっと4を活性化させるなどという方法でも、効果は期待できると言いますので少しご紹介しましょう。
スポンサードリンク

血糖値を下げる 運動

血糖値を下げる運動と言いますと散歩やウォーキングなど糖尿病患者にもおすすめの運動がありますが、なかなか時間が取れなかったりきついと感じる運動だったりします。

血糖値を下げるとたけしさん(北野たけし)の番組でも紹介されいていましたが、簡単な運動で血糖値を下げることが可能だそうです。

スポンサードリンク

血糖値を下げる グルット4

血糖値を下げる切り札に「ぐるっと4」と呼ばれるものがあります。

「ぐるっと4」とは、筋肉の中にあるたんぱく質の一種で、血糖値と密接な関係があると言われています。この「ぐるっと4」を活性化させれば血糖値が下がると言うわけです。

「ぐるっと4」を活性化させ血糖値を下げるには毎食後5分程度な簡単な筋トレをすれば良いといわれています。

ウォーキングをちょっとだけ、筋肉トレーニングもちょっとだけするだけで効果が期待できると「ぐるっと4」を活性化させて血糖値を下げる有力な手段として注目を集めているのだそうです。

血糖値が高くなる要因のひとつに加齢などによる筋肉量の低下が上げられます。 元来、体内で糖を蓄えるところは3つあって一つは肝臓、もう一つは血液中、そして骨格筋があります。 さらに体の中の糖の約8割は筋肉の中に蓄えられると言う事実があるのです。

この筋肉量ですが、成長期の20才くらいまでは筋肉量は増加していき、30歳後半くらいから加齢と共に減っていきます。

筋肉量が減るというのは糖の保管場所が減ると言うことになります。 そうなると血液の中の糖が増加して血糖値が上がるということになるのです。

そこで出てくるのが血糖値を下げると言われる「ぐるっと4」です。 筋肉の中の糖の保管に関係するのが「ぐるっと4」で、その働きは血液の中の糖を細胞、特に筋肉の中に取り込むことです。

血糖値を下げる「ぐるっと4」を活性化させるには膵臓から分泌するインスリンが必要ですが、有酸素運動や筋トレなどの筋肉の収縮を伴う運動をすることにより、インスリンの代わりに「ぐるっと4」を活性化させることが出来るのだそうです。

特に筋トレは短時間で「ぐるっと4」が活性化するので膵臓のインスリンを節約することができるのです。「ぐるっと4」が活性化すれば血液中の糖が筋肉に取り込まれていくので血糖値が下がるというわけです。

筋トレには2つの良い効果が期待でき一つは「ぐるっと4」の活性化で、もう一つは筋肉量の増加による「ぐるっと4」の増加です。ココでいう血糖値を下げる筋トレは何も苦しく辛いものばかりではありません。

血糖値を下げる運動として、たけし(北野たけし)さんの番組でもご紹介されていましたが本当に簡単な運動です。

壁に背中と肩をつけて立ちます。両腕を横斜め下方向に広げて、ひじを直角に曲げた状態で両腕を上に上げられるところまで上げます。

その後もとの位置まで下ろします。この繰り返しの運動を食事1時間以内に5分間続けて運動することで、筋肉の増加までは期待できないまでも普段使わない筋肉を使うことで「ぐるっと4」が活性化できるのだそうです。

血糖値を下げる運動としては簡単で誰にでもできる方法です。 健康を気にする方や健康診断では異常値ではないが、予防のためにと思う人に血糖値の下がる運動はおすすめです。

スポンサードリンク

血糖値を下げる 食べ方

血糖値を下げる食べ方は、糖化を防ぎ老化を防ぐ方法でもご紹介したように、野菜から食べることだそうです。

ご飯や肉などから食べるのではなくて、先ず最初に野菜から口に入れるのが血糖値を下げる食べ方だそうです。

勿論、常識的な食べる量や組み合わせを前提としてのはなしです。