老眼鏡の選び方

老眼鏡の選び方は、度数や値段など気になりますよね。そろそろ近くのものが見えにくくなって不自由を感じている人も多いでしょう。お洒落で可愛いなデザインや携帯に便利なルーペ、コンタクトと老眼鏡の関係など気になりますね。無理に目を凝らしては、眼精疲労やドライアイの遠因にもなりまねません。そこで選び方の色々です。
スポンサードリンク

老眼鏡と度数

度数については、加齢とともに度数も進んで行くのが普通です。近くを見るときに見えにくいと感じたら検眼して自分の目にあったものに換えるのがお勧めです。

老眼鏡の度数や必要性は非常に個人差があります。 加齢によっても度数は進むので通常は数回作り変えることになります。

つまり、一生物ではありませんのでこの辺は割り切って選ぶ必要があると思います。

老眼鏡の度数は普段から使わないと進むと感じている人もいますが、使用しないが為に目が疲れて眼精疲労や肩こりの原因にもなります。

見えづらいと感じたら我慢はしないで老眼鏡を使用しましょう。

老眼鏡の値段

老眼鏡の値段は幅広く安いのでは100円ショップでも販売されています。

値段の違いは、ブランドや材質でもありますが既製品と検眼や調整したものでは値段以上に大切なことがあります。

元々、老眼鏡に限らず眼鏡は個人の瞳孔の距離に合わせて、レンズの工学的中心を調整するものですから、それをしない既製品の安い値段の製品は、長時間使用すると眼精疲労や肩こりを感じることもあります。

スポンサードリンク

携帯の老眼鏡やルーペ

老眼鏡も携帯に便利なルーペやペンタイプなどもあり、お洒落なペンダントタイプやカード型タイプもあります。

携帯に便利な老眼鏡はペンタイプで本にはさんでおけば、しおり代わりにもなりなくなることもないでしょう。

ペンダントタイプのルーペ(老眼鏡)は、そのままアクセサリーになる携帯老眼鏡です。

ツルのないアクセサリーグラスの老眼鏡は、首からかけるチェーンもお洒落で便利です。

お洒落な老眼鏡

お洒落な老眼鏡も最近は多く見られ、それほど長時間使用するものではないのでフレームなどはお洒落を優先させて選んで良いといわれています。

度数も字の大きさや距離で変わるので、幾つかシチュエーションにあわせて要しておくと便利です。

最近は、お洒落な老眼鏡も多く一般的に使い始めるのは40歳くらいからといわれているので、カラフルでお洒落な製品も多く見られます。人生80年超といわれる昨今ですから残り40年以上お世話になるわけですね。

スポンサードリンク

コンタクトと老眼鏡

コンタクトと老眼鏡の関係は気になる人も多いでしょう。 近眼のコンタクトとの関係を簡単に説明しますと近視の人がコンタクトをつけた状態で老眼鏡をつけて構いません。

近眼の人のコンタクトレンズは遠方用視力に合わせいているので、老眼になると近くが見えにくくなって来ます。

コンタクトを装着したままでかけて良いのが正しい選び方です。

老眼鏡の選び方もコンタクトを装着した状態で良いのです。