靴選び ポイント

靴選びのポイントを紹介します。ハイヒールが痛いとか外反母趾が心配だなど、靴を履く生活が当然になってから足のトラブルはいろいろとあります。靴選びのポイントを抑えれば足の痛みは和らぐはずです。意外と知らない靴の選び方です。
スポンサードリンク

靴選びのおすすめポイント

足のトラブル解消には靴選びがポイントです。 毎日、お顔やヘアスタイルは念入りにチェックしても足の裏や異変を細かく見る人はほとんどいないと思います。

たとえ、豆や魚の目を見つけても人に見えなければ放置してしまう。 痛くなって初めてどうしようか考える!

足の痛みで多いのが外反母趾でしょう。 足の親指が外側に曲がってしまい、症状が進むと痛みで歩けなくなりこともあります。

足が痛いと言う原因の多くは、靴選びの誤りです。 靴選びのポイントを知らないで合わない靴を履き続けるとこのような症状が起こります。

人の体は、長時間一定の形に固定しておくとその形に変形してしまう性質があります。 昔の中国で行われていた纏足が良い例ですね。

ハイヒールやパンプスなど無理をして履いていませんか? 靴を選ばす足を合わせて履いているのは、トラブルの原因になります。

かといって、会社にスニーカーやサンダルで出勤するわけにも行きません。 靴選びのポイントでは、正しい靴の選び方をご紹介します。

でもその前に、今あるいくつかを履き分けることでも効果があります。 同じものを履き続けるのは、形を一定にするので良いとはいえません。

通勤はスニーカーで勤務中はパンプス、アフターファイブはハイヒールと言うように一日にうちでもいくつかの形に違うものに履き替えることをおすすめいたします。

スニーカーも同じものを長時間履き続けるのは良いことではありません。 若いうちだけと靴選びのポイントをデザイン優先でしていると将来的に足が変形してきて苦労することになりかねません。

スポンサードリンク

ハイヒールが痛い

靴選びのポイントで、一番悩みの多いのがハイヒールでしょう。 ハイヒールで痛みを感じる人は多く、デザイン的にも足に負担を掛けやすいと言えますね。

ハイヒールが痛い人は選び方を見直しましょう。 ハイヒールは自然と足が前に滑ります。

これは、体の重心が前に移動してしまうためで、安定性も悪く足の筋肉も常に緊張しているので疲れやすいと言えるでしょう。

ですから、ハイヒール選びのポイントは中が起毛など滑りにくい素材で出来ていたり足首にストラップがついているものが足のすべりを軽減するのでおすすめです。

以前は日本人の足型は幅広で甲高といわれていましたが今はそうでもないと言います。 甲部は、軽く触ってフィツトしているものを選びましょう。

きついと痛みを感じたり、ゆるいと足が前に滑って疲れやすくなったり外反母趾や爪の変形を誘引しますのでご注意を!

前後だけでなく左右にもぶれないか確かめましょう。 足の幅の一番広いところ、親指と小指に付け根を結んだあたりと靴の一番幅広い部分が重なっているかも確認しましょう。

ゆるいと前方に動いてトラブルの原因になります。 反対にきつい靴は、靴に不自然なゆがみやしわが出来るのでチェックしましょう。

バランスの崩れた歩きはひざや腰痛の原因にもなります。

続きはこちら⇒足の指が痛い?靴選びのポイント

スポンサードリンク