スタッドレスタイヤ 性能

スタッドレスタイヤの性能や評価、交換時期や寿命など知っていると便利です。おすすめはブリジストンのブリザックや横浜アイスガード、トーヨートランパスにダンロップDSX2など用途によって選び方をかえましょう。
スポンサードリンク

スタッドレスタイヤ おすすめ

スタッドレスタイヤの性能は現在かなりのレベルまで進んでいます。 各メーカーは独自のテクノロジーでスタッドレスタイヤの性能を高レベルに引き上げてきていますが、おすすめとはどれになるのでしょうか。 スタッドレスタイヤの選び方にはいろいろあって、価格で選ぶ人もいれば氷上性能で選ぶ人もいます。 ドライ路面の性能や高速での性能、近頃は燃費で選ぶことも出来るのが最近のスタッドレスタイヤ事情と言えるでしょう。

スタッドレスタイヤの選び方

スタッドレスタイヤの選び方を参考にしたい人は、お気に入りのタイヤが無いと言うことでしょう。 おそらく雪道走行の経験が少ない人が大半ではないでしょうか。

雪道走行に慣れていない人は万一の氷上性能に重点を置いた製品がおすすめです。 雪道で一番手ごわいのが凍結路でしょう。その凍結路が得意なスタッドレスタイヤならもしものときでも安心ですね。

ダンロップデジタイヤDSX2やブリジストンのブリザックレボGZや横浜アイスガードトリプルプラスig30がおすすめです。

スポンサードリンク

首都圏や雪のほとんど降らない地域にお住まいで、年に一度も降るかどうかなら乾燥路も得意なスタッドレスタイヤがおすすめです。グッドイヤーアイスナビゼアツーがよいと思います。

毎日通勤でも使用するなら、省燃費スタッドレスタイヤがおすすめですね。 ブリジストンのレボGZや横浜アイスガードトリプルプラスig30がよいでしょう。

ミニバンやSUVなど車重があって重心が高いなら、専用のスタッドレスタイヤがよいと思います。 ミニバンならトーヨートランパスMK4α、SUVならブリザック dm-v1がおすすめです。

乾燥路を高速走行するなら速度レンジの高いものがおすすめです。 スタッドレスと言えども快適な高速走行が期待できます。

日本のメーカーではないですが、ミシュラン x-ice xi2がスピードレンジがT(190KM)と安心です。

首都圏から高速道路を利用してスキーに出かける方ならば、ドライ路面から雪上や氷上を低速から高速までカバーするオールラウンドタイプがおすすめですね。

スタッドレスタイヤの一番人気と言うことでブリジストンのブリザックレボGZがよいと思います。

価格に重点を置くなら、国産メーカーではなくてアジア系韓国や台湾製のタイヤがあります。雪がほとんど降らなくて休日に買い物行く程度の使用なら、アジア系の格安タイヤもありと思います。

このようにスタッドレスタイヤのおすすめや選び方は、その人の使用条件で変わります。 何でもすべてによいタイヤはありませんから、自分の使用用途に合わせて選びましょう。

スタッドレス 交換時期・スタッドレスタイヤ 寿命

スタッドレスのスタッドレス 交換時期は気になるでしょう。

もちろんタイヤの山の減り具合もスタッドレス 交換時期の目安にはなりますが、夏用タイヤとは違う交換時期や寿命の目安があるのです。

スタッドレスタイヤの使命と言えば、雪道(シャーベットから積雪路に凍結路)で安全に走ることです。 それが出来なくなったとき(できなくなる前)が、スタッドレスタイヤの寿命や交換時期と考えてよいでしょう。

雪道走行に重要な役割を果たすものにタイヤの柔軟性があります。

新品のタイヤのゴムは、オイルにより柔らかく柔軟性に飛んでいます。しかし年月がたつとこのオイル分が揮発してゴムの劣化、柔軟性がなくなってきて硬くなってしまいます。

柔軟性の劣化したタイヤは、路面への食いつきが悪くなり特に気温の低い雪上では滑りやすくなってしまうのです。スタッドレスタイヤの各メーカーはオイルが揮発しても柔軟性を失わないように工夫していますが完全ではありません。

保管の仕方でも大きく変わるのが寿命や交換時期ですね。

通常は、4年前後といわれていますが、紫外線や乾燥を避ければそれだけ劣化は防ぐことが出来ます。

保管時には、さらに空気圧も減らして(1KG/リッポウセンチメートル位がよいらしいです)保管しておきましょう。

もちろん、タイヤに負担をかけない運転を心がければ交換次期や寿命は延びる傾向にあります。

スポンサードリンク