汗のにおい

汗のにおいが気になる人は多いでしょう。汗のにおいや脇の臭い、足や頭の臭いなど病院で診察や治療する人も増えています。原因を知って正しく対策すれば効果も期待できるというものです。自宅でも簡単に出来るおすすめの改善法です。
スポンサードリンク

汗のにおいに敏感な現代

自分の汗の臭いが気になる人は多く、ある調査では女性の10代や20代で80%以上30台では90%の人が自分の汗の臭いが気になるそうです。

もともと健康な体からはいやなにおいは出ないと言いますから、場合によってはあなたの体は何らかの不具合をおこしているかも知れません。

ほとんどの場合は、思い込みや不具合からではなくて多くの体臭や汗のにおいは簡単な方法で改善できるそうです。

スポンサードリンク

汗のにおいの原因

汗のにおいの原因は、大きく分けると2つになります。

一つは雑菌などと言われる細菌です。
人の皮膚には誰にでも細菌がいて高温多湿の状態では活発化して、その細菌が汗を分解してアンモニアなどの臭いを出すのです。

もう一つは食べ物
餃子などにおいの強い食べ物を食べると消化の際に多くの人がにおいの成分を出してしまいます。 更にその悪臭の成分が腸で吸収され臭いの汗として対外に出てしまうのです。

にんにく料理、餃子や焼き肉を食べて翌日なんとなく臭うのはそれが原因です。

臭いを消そうと香水や消臭グッズを常に持ち歩く人も多いことでしょう 特に仕事で営業など人と接する仕事の場合は深刻です。

臭うのは一部分か体全体なのか
汗の臭いに限らず体のにおいは体の中の健康状態を表している事もあるのだそうです。

例えば、糖尿病の患者は甘酸っぱい臭いがしたり、かび臭いにおいは肝機能が低下している人に起こると言います。

体臭は太い血管が通っている首から多く出るので専門家は首筋をかいで診断することが多いと思います。

年齢が進むと気になる加齢臭もこのあたりから多く出るようになります。

汗のにおいと食事

肉などが影響があると聞いたことはないでしょうか。

高脂肪や高たんぱくの食事は消化後に臭う汗が出やすくなります。例えば高たんぱくの鮪の赤身や高脂質の豚肉や牛肉が大きと関係しているという事です。

だからといって牛肉や豚肉、鮪をも食べないと言うのは少し大変です。

スポンサードリンク

汗のにおいの改善法

自宅でもできる簡単な汗の臭いを改善する方法をご紹介します。

高たんぱく高脂肪の食品を食べても一緒に食べるとにおいを抑えるものがあります。 それはワカメやメカブ等の海草で、これらは臭いを抑えるのに効果的だそうです。消臭効果もあると言います。

そのほか梅干やこんにゃく、もずく酢なども高脂肪・高たんぱくの食事による体臭を抑えるのに効果的だそうです。更に加齢臭の防止にも良いと言われています。

汗の臭いにおすすめ

体臭予防におすすめが酢を飲むことです。 お酢は飲むだけで体臭予防に効果があり、体に良いだけでなく消臭効果も期待できるのです。

黒酢やリンゴ酢などの飲みやすいものでかまいませんので、一日スプーン1杯くらいのお酢を薄めずに飲むだけで効果が期待できると言います。

お酢の効能として食べ物が腸で吸収される際に発生する悪臭成分を抑える働きがあるのです 毎日スプーン一杯のお酢を2から3か月間飲み続けることで体臭が出にくい体質に改善できるのだそうです。

普通の御酢でも良いのですが、おすすめはリンゴ酢や黒酢などの飲みやすいお酢ですね。 それでも気になる人は、専門外来など受診されるのも良いと思います。

保険は利かなくても、臭うかの判断や予防法を聞くだけで済む場合も多く初診料の数千円で済む場合もあると言います。