目のくまの取り方

目のくまの原因を知り適切に対処すればキレイに消去するもことも可能です。化粧で消すおすすめ方法などもご紹介いたします。パソコンや携帯、スマホの普及に伴い目の下のクマに悩む人もご覧ください。
スポンサードリンク

目のくま 原因

目のクマは見た目の印象も良いとは言えず、あまりに長引く時には疾患も疑われるので注意が必要です。 目元の皮膚は厚さが約0,6ミリ(平均)と非常に薄くデリケートな部分です。皮膚のバリア機能も弱く乾燥しやすいのが特徴です。

目の下の皮膚も他の部分と同じで表皮のターンオーバーが正常でメラニンの代謝がスムーズに行われ血液循環も良好だと目のくまもなくて生き生きとした透き通る肌になります。

反対に血液循環が悪いと、うっ血状態となり黒ずんで見えることになります。 睡眠不足やストレスの多い女性は気をつけましょう。

目のくまの原因はいくつかあり、寝不足などの血行不良など血液が滞ることで起こりやすいのが青くま、紫外線や繰り返しの摩擦が原因で起こりやすいのが茶色いくま、加齢や筋肉の衰えから出来やすいのが黒いくまと言えるでしょう。

スポンサードリンク

目のくまの取り方・青いくま

青い色の目のくまの原因は目の疲れや血行不良などによることが多く目を酷使した結果、疲労がたまり眼輪筋の動きも弱くなり血液循環が悪くなりうっ血して、それが透けて見えるので青いくまに見えるのです。

ですから、このタイプの目のくまの取り方は目の疲労を回復させ血流を良くすれば消すことができるのですね。 目元を温めたり、優しくマッサージすることで血流をうながします。

入浴も血行を促進するのでおすすめです。 パソコンなど液晶画面を長時間見る場合も適度に休憩を入れるなど疲労をためないようにするのも目のくまの取り方には必要です。

目のくまの取り方・茶色いクマ

茶色い色の目のクマの原因は、紫外線によりメラニン色素の沈着や摩擦による色素の沈着が考えられます。 茶色い色の目のクマの取り方は、皮膚の代謝を促進するようなビタミンAやビタミンC、ビタミンEを積極的にとるようにしましょう。

具体的にはにんじんやブロッコリーなどカロテンを多く含む食品やゴマ、イチゴやみかんなどの果物などがおすすめです。

摩擦は、普段からのクレンジングが要注意です。目の周りは優しく扱うようにしてください。 もちろん、紫外線防止や保湿化粧品の使用も忘れずに! 

スポンサードリンク

目のくまの取り方・黒いくま

黒い色のくまの原因は、加齢によるこじわやたるみ、乾燥が考えられます。 目の下にくぼみが出来て影がくまに見える場合もあります。たるみやハリの衰えも目のくまの原因のひとつですね。

黒い色の目くまの取り方は、普段から目の周りの筋肉を鍛えて、ハリを保つケアをして乾燥やたるみを防ぐことです。エクササイズで眼輪筋を鍛えるのも目のくまの取り方としておすすめできます。

正面を向いたまま黒目を上下左右にゆっくりと動かしたり、目をぎゅっと瞑り、ぱっと見開くなどの運動も良いと思います。

アンチエイジング効果の高い美容液やアイクリームなども使用しましょう。

目のくま キレイに消去

目のくまをキレイに消去したいならコンシーラーも、おすすめです。

目のくまのコンシーラーは、ファンデーションよりも明るめを選ぶのがポイントですね。 目の周りを明るくメイクすることで透明感が出てきます。

くすみの強い目のくまをキレイに消去したいならオレンジ系を選びましょう。 コンシーラーは厚付けしないで自然な透明感が出る様にすることも大切です。

補色の関係を利用して青いくまならオレンジ系、茶色いくまならイエロー系、黒いくまならベージュ系の濃淡を利用します。

目のくまの取り方やキレイに消去することは、普段からのストレスのない規則正しい生活とアンチエイジング効果や紫外線防止効果の高いコスメの使用、上手なコンシーラーの使い方がポイントとなるでしょう。