スポーツ自転車 メーカー

スポーツ自転車のメーカーの、おすすめはブリジストンアンカーでしょう。国内メーカーなので通販でも購入や部品の調達も容易です。スポーツ自転車の乗り方や調整など基本的な情報をご紹介しています。
スポンサードリンク

スポーツ自転車 メーカーのおすすめ

スポーツ自転車 メーカーのおすすめは、ブリストンやGIANT(ジャイアント)ではないでしょうか。 価格も手ごろなものから用意されていて、初心者でもなじみやすいし、修理等の部品の調達や店舗での相談も調整もしやすいメーカーだと思います。

はじめのうちは高価な海外のスポーツ自転車 メーカーを選んでしまうと宝の持ち腐れになる可能も大きいでしょう。特に女性や中高年の方などダイエットや運動不足の解消にスポーツ自転車を選ぶなら初心者用から入るのがおすすめです。

スポーツ自転車の乗り方

スポーツ自転車の乗り方はママチャリとはだいぶ違います。

自転車の左側(ギアのないほう)にたち、右足を後ろからまわしてサドルに乗りますが、サドルが高いので少し車体を傾けて、サドルに乗る時に少し車体を後ろに引くとスムーズに乗れると思います。

停車は、無理にとめると車輪がロックしやすいのであわてずに減速してから、降車します。 サドルから腰を前に落としフレームをまたいでたつようにします。

スポーツ自転車の乗り方で美脚を目指す人は、ギアを軽くしてペダルをこぐ回転数をあげて軽い負荷で毎日続けることが重要です。

肩や腕はリラックスして体重をかけずにハンドルを握りましょう。 首を起こして視野を広く取るのも必要です。前傾姿勢が自然なスポーツ自転車でも視線は遠くまで見渡せることが重要です。

腕や肩に力が入り下向きでの乗り方は、前方が見にくいだけでなく肩こりの原因にもなるので気をつけましょう。

腰の位置もスポーツ自転車の乗り方では重要です。

あまり反った状態では、腰に負担がかかり疲労しやすいので自然な前傾を心がけましょう。 腹筋と背筋が鍛えられしなやかなボディラインが期待できます。

サドルに乗る位置は、骨盤を立てる意識でお腹にボールを抱えるようなイメージサドルに軽く座りましょう。先端に座ったままだと疲れやすくお尻が痛くなりやすいです。

サドルの高さは、ペダルが一番下にきたときにひざが伸びきる手前がベストで、少し前傾させた状態がおすすめです。

ペダルをこぐときには膝を開かず、内側に締めるようにすると脚の内側の筋肉が鍛えられて美脚が期待できます。 母指球で踏むようにすると足首の角度が安定するので、お尻や脚の筋肉が効率よく鍛えられます。

スポーツ自転車の乗り方で悪い姿勢と言いますとお尻が出っ張り腕に力が入って踵が落ちたままのペダリングとなり、疲れやすく肩こりや運動効果もあまり期待できません。

スポンサードリンク

ブリジストンアンカー

人気スポーツ自転車のメーカーと言えばブリジストン、アンカーは中でも日本を代表する本格スポーツ自転車ブランドです。

主力はロードレーサーですが、マウンテンバイクなどのオフロード自転車も用意されています。 チームブリヂストンアンカーは、自転車競技好きなら知る人は多いでしょう。

ブリジストンアンカーの名前は、リレーのアンカーから頼りになる最後の切り札と言う意味がこめられているそうです。

1999年の誕生以来、科学的なモノ作りをキャッチフレーズに研究開発されてきたといいます。

職人の感や技術ではなく、コンピューターをフル活用して、海外ブランドに負けない性能と価格を実現して学生やアマチュア競技者から最近は自転車ブームに乗って中高年へと幅を広げているようです。

国産メーカーであるブリジストンアンカーは、日本人の体格に合わせて競技専用に最上級モデルから一般愛好者用の普及モデルまで幅広い展開をしています。

スポンサードリンク