足のにおい

足のにおいを解消したい人は多いでしょう。原因をしり、正しい対策を実行すれば解消するのも難しくはありません。
スポンサードリンク

足のにおいの原因

臭いの原因は3つの条件がそろうことにあると言います。

一つは細菌、もう一つは細菌のえさ、最後に細菌が繁殖しやすい環境だそうです。

細菌は常に人間に皮膚にいますから一つ目の条件はそろいます。 次に細菌のえさですが、細菌がえさとするのは皮膚の角質であり足は角質の多いところでもあります。

次に細菌の繁殖しやすい環境は汗をかくことによる高温多湿ということになりますので、靴下や靴で蒸れやすく高温多湿の条件にぴったりの場所なのです。

このように臭いの原因になる細菌が繁殖しやすい条件が揃うので、臭いやすくなるのです。

細菌がいて角質がえさとなり高温多湿であれば、その活動がより活発になると言う事でアンモニアや皮脂などの臭いを発生させると考えられているのです。

スポンサードリンク

足の臭いを酢で予防

足のにおいが出やすいのは、この様に非常に起こりやすい条件を備えているからです。 では、予防したり消臭する自宅で出来る簡単な方法をご紹介いたします。

まず足裏が浸るくらいの酢を洗面器に入れます。このときの御酢は、なにも高価なものでなく普通の醸造酢でかまいません。

用意しましたらその中に足を1分から2分くらい付けます。足裏を御酢に漬けることによりお酢の持つ消臭抗菌作用で予防改善できるわけです。

さらにお酢は消臭抗菌作用のほかにも角質を取れやすくします。えさとなる角質を取るので有効な方法です。

その後足全体が浸るくらいのお湯を入れ約10分間つけて角質を落とします。 この方法を週に一回から2回すれば、1週間後くらいから効果が現れると言います。

帰宅後が一番臭いが強いので、そのときにすると効果的です。 足のにおいは、お酢で予防しましょう。

スポンサードリンク